壱岐の華が大事にしているもの
それは 普段何気なく口にしている酒には
その背景にひとつひとつ異なるストーリーが
あるということ

MADE IN JAPAN IKINOHANA

歴史を語る、伝統の味。壱岐から世界のブランドへ。
壱岐の華に代表される壱岐の麦焼酎は
平成7年「壱岐焼酎」として地理的表示の産地に指定されました。
原産地を特定する表示をすることが公認されたもので、
産地ブランドとしての地位を認められたといえます。

1900 founding

麦焼酎の起源

麦焼酎発祥の地、壱岐。長崎で2番目に大きい平野を持ち稲作に恵まれておりましたが、 厳しい年貢により収穫した米のほとんどを徴収されていました。そのため年貢の対象とならない 大麦が主食となり、また焼酎の原料として用いられたのが壱岐の華等の壱岐の麦焼酎の起源といわれています。

壱岐の華とは

初代 長田 嘉助は小倉より壱岐に移り住み、島に伝わるむぎ焼酎造りを始めた。大正年間に「壱岐の華」の銘柄を冠した。 爾来創業100年を超えた。玄界灘の波濤が散り、潮の花が咲く。まさしく壱岐の島の花のようで、また、華は、優れた意味を持つ。

蔵のこだわり

地理的表示の産地指定を受けた壱岐焼酎。大麦と米麹による伝統の製法は他の麦焼酎とは一線を画すものです。 なかでも伝統の焼酎「壱岐の華」は伝統の常圧蒸留にこだわり、深い薫りとまろやかな口当たりを残しております。 本格焼酎のもつ深みのある味わいを「壱岐の華」で発見してください。

World Geographic Brand

Authentic style 本格流儀

【蔵見学】
蔵を見学ご希望の方はお問い合わせください。
9:00-17:00の間でご案内いたします。
※団体様は事前予約お願い致します。

蔵見学

株式会社 壱岐の華
住所 長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1664-1
電話 0920-45-0041