AL.62
手指消毒液として代用可能な高濃度アルコールのスピリッツ「IKINOHANA ALC.62」の生産を開始しました。また、医療機関や福祉施設からのお問い合わせ受付を開始したことをお知らせします。

○商品名○  IKINOHANA ALC.62 (イキノハナ アルコール62)

「IKINOHANA ALC.62」の原料には、貯蔵していた壱岐焼酎を活用し、蒸留による精製を繰り返すことで高濃度アルコールを製造します。

医療機関や福祉施設に限定して受注を開始しました。医療機関等への出荷は5月11日から開始します。
また、5月中旬より酒類として県内の一般小売店へ供給する予定です。ただし、医療機関等からの受注が多い場合、一般販売は中止することがあります。
尚、酒類であるため1本あたり310円の酒税を含みます。
高濃度のため飲用の際は、適する濃度に希釈することをおすすめいたします。

■IKINOHANA ALC.62 (イキノハナ アルコール62)の概要
名称   : IKINOHANA ALC.62
品目   : スピリッツ
出荷開始日 : 2020年5月11日(医療機関・福祉施設向け)
販売料金  : 1,480円(税抜)※酒税310円を含みます
内容量 : 500ml
アルコール分: 62度
原材料: 本格焼酎(壱岐焼酎)、香料
販売店 :連絡を頂いた医療機関や福祉施設へ直接供給。長崎県内の一般小売店へも出荷します(予定)。医療機関や福祉施設からのお問い合わせは「壱岐の華本社」までお願いします。TEL:0920-45-0041. FAX:0920-45-1855

今回の製造にあたり、当初ALC.70%台のスピリッツを想定しておりました。しかし、危険物となり製造や保管に制約が生じました。後に厚労省が60度以上のスピリッツについて手指消毒に使用できると発表したことと、限られた原酒で1本でも多くの方にお届けするため62度としました。